読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神、ワーホリでパリへ行く

女子大生が大学を休学してフランスパリでワーホリしてます

MENU

Campus Franceのフランス留学準備セミナー@アンスティチュフランセ東京

ワーホリ 渡航前

今日はCampus Franceのフランス留学準備セミナーに行ってきました!

さすがにフラ科たくさんいて行く前にちょっと会えてよかった~

f:id:megamiaparis:20170126044223p:plain

 

内容は、

    • 行政手続きについて(移民局の手続き、住宅補助申請、在留届け)
    • お金の管理について(フランスの銀行口座開設の仕方、海外送金…など)
    • 保険について(海外留学保険、フランスの健康保険、共済保険、住宅保険…など)
    • 留学経験者から(携帯電話について、学生証、学割、インターネット...など)
    •  持ち物について(持っていくべきもの、そうでないもの、持参すべき書類など)
    • アンスティチュ・フランセ日本のフランス語講座の紹介
    • Q&A

 でした

 

これは学生ビザを取っているような人たち(交換留学、学部・大学院留学、語学学校留学etc)向けのセミナーなので学生向けの内容も多かったですが、行政手続きや留学経験者のお話、持ち物についてなど、ワーホリでも役に立つこともたくさんありました

(わたしは夏期講座を取るソルボンヌに行くとして参加してきました)

また、自分が進学予定の大学・学校の名前を名札に書いて貼っていたので、セミナーの前半後半の間のコーヒーブレイクで同じ学校や都市に行く人との交流もできてよかったです

 

東京会場は2016年8月10日にフランス大使館でもう一回開催されるそうなので興味のある方はぜひ!

一応当日参加もアリだそうですが、今回も予約で席が埋まっていたのでCampus Franceのページから事前予約がおすすめです

 

ところで、留学経験者としてお話してくださった一人のお姉さんが、大学から2外としてフランス語を始め、A2レベルで留学し帰国後にC1、C2を取り、この秋からフランス政府給費留学生として大学院に留学するっていうお話を聞いてだいぶ感化されてきました

彼女の話ですが、

  • 行く前に、日本でやれること(読み書き、文法、単語)は徹底する
  • 行った後は、日本語封印(日本人とつるまない、日本語に出来る限り触れない)

本当に重要だと思いました

フランスに行ってどうするのか?

それなりの成果を得て帰ってきたいならば、ものすごい努力が必要なことを実感しました

 

それにしても、C2って本当に未知の世界だと思ってたんですが同じくらいの歳で帰国子女でも何でもなく努力で取ってる人たちが案外いるんですね…

わたしもがんばります

 

みんなどんどん出発して行ってさみしいよ~!わたしはあと1ヶ月!

 

 

良かったらクリックお願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

広告を非表示にする