読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神、ワーホリでパリへ行く

女子大生が大学を休学してフランスパリでワーホリしてます

MENU

乗るはずだったフライトが当日欠航しました

渡航前 飛行機

フランスに到着しました!していました?

やっっと更新できました!

現地時間2日に到着して、今日で3日目です!

さて、たった3日ですが、いろんなことがたくさんありました…

 

まず、タイトル通り乗るはずだったフライトが当日欠航した話です

もともと、4月にエールフランスの公式サイトから9月1日の22:55羽田発の直行便のフライトを予約していました

出発日の朝ばたばたするのが嫌だったので夜の便を選んで予約していました

 

そして、出発日当日、9月1日の朝、起きてみたら7時に

 

f:id:megamiaparis:20160905023513p:plain

というメールが来ていました

欠航理由もない!!

f:id:megamiaparis:20160905023609p:plain

他にご質問はありますか。って!あるに決まってるだろ!!

 

一連の流れ

上のメールに気づいたのが8時半ごろ

一応上の画像の電話番号に電話してみるがつながらず

エールフランスの公式HPに行ってみると、コールセンターは9時から営業だそう

9時までパソコンの前で待機

9時になった瞬間に電話をかける

が、「ただいま混み合っております、今しばらくお待ち下さい」の自動音声

そのまま電話を繋いだまま待機

気づいたら30分経過

たまらず、ダメ元で違う携帯を使ってフライング・ブルー(エールフランスとKLMのマイレージ・プログラム)のコールセンターに電話

すぐに繋がり、「乗るはずだった便が当日欠航になった、9時からエールフランスに電話をかけ続けているがいまだにつながらない、代替の便を取りたいがどうにかできないか」と言ってみる

フライング・ブルーは「申し訳ないがこちらではお取り扱いできません、もしよければエールフランスにつなぎましょうか」との返答

お願いします、と言って繋いでもらうと、何故か、5分もしない内に繋がる(この間も9時にかけた電話は「今しばらくお待ち下さい」自動音声のまま)

出てくれた人に「乗るはずだった便が欠航になったって連絡きたんですけど」って言うと、「担当者につなぎます、ただいま大変混み合っているのでお時間ものすごいかかりますが大丈夫ですか」と言われる

大丈夫です、と答えるとまた自動音声再開

このあとまたしばらくつながらなかったため、母親に「直行で、できるだけ早いやつ!あと座席指定できるか、補償がきくかどうかも聞いて!!!」と2台の携帯を託しシャワーを浴びにいく

シャワーから上がると母親が電話しており、翌日の飛行機が無事取れました

母親に聞いた話によると、

エールフランスの便はもう乗れない

・翌朝いちばんの成田発JALの便(11時発?もうちょい早い?)ももういっぱい

ANAの便(11時5分羽田発)を手配できます

・座席指定はできません

・あとで登録されているメールアドレスにANAのe-チケットを送りますので特になにもしないで大丈夫です

・補償はききますが、帰国後の支払いになります

ということでした

(なんで欠航になったか聞きそびれた〜!)

 

そんなわけで取れた飛行機は

翌日(日本時間2日)朝11:05羽田発のANAの直行便

到着予定は現地時間2日の16:45(もともとの便は朝4:30着 笑)

なので一応日付は変わらず到着できました

 

わたしはもうアパルトマンも取っていたから大家さんに待ち合わせの時間を送らせてもらえばいいだけでしたが、

ホテルをキャンセルしなきゃいけないとか、他の都市に行くために取っていた電車等をキャンセルしなきゃいけないとかになると大変だろうなあと思いました

電話つながらない間「飛行機 当日 欠航」とか「エールフランス 欠航」とか調べまくっていたいんですが、ほとんどの場合上記は補償されないそう

各会社が定めている一定の補償金が出るだけ、の場合が多いようです(もちろん経費すべて払ってもらえている場合もありました)

そしてエールフランスの欠航の多さ…やはりANAJALなのか…?と思ってしまったり

とりあえず帰りはエールフランス乗れるといいなあと思っています笑

 

ANAの機内の話

megamiaparis.hatenablog.com

 

空港からパリ市内へ

megamiaparis.hatenablog.com

 

 

もしよければ応援お願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

広告を非表示にする