読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神、ワーホリでパリへ行く

女子大生が大学を休学してフランスパリでワーホリしてます

MENU

パリLCLピラミッド支店で銀行口座開設②

パリ情報 フランスの銀行 フランス

①はこちら 

megamiaparis.hatenablog.com

 

 

 

10日前に予約を取ったLCLピラミッド支店に銀行口座開設に行ってきました!

 

前回のおさらい

「銀行口座開設?ワーホリ?家は賃貸?じゃあ10日後、パスポートと住居証明持ってきてね!」

 

 f:id:megamiaparis:20160930031446j:plain

 

予約の時間は12時

12時ぴったりに到着

前回と違って誰も並んでない…!

 

受付で自分の名前と予約があることを言うと待ち合いスペースとも言えないような椅子とテーブルと申し訳程度に雑誌か何かが置いてあるところで待てと言われる

5分待つ

と、担当の方が来てくれて一緒に担当者のデスクのある部屋(個室)に向かう

 

ちなみに担当の方はフランス人でしたが、イナルコで日本語専攻して日本でワーホリしてたことがあるそうです…日本語ぺらっぺらやった…………

 

そこで必要書類とパスポートを提出

コピーが取られ、その間に銀行の説明ですと渡された紙(もちろん日本語!)を読む

 

書類が受理されると原本は返却され、口座開設についての説明が始まる

関係ないけど、いくつかの項目指差しながら「こちらのほうは」とか言っちゃうあたりもある意味自然な日本語過ぎてちょっと引いた

 

そしてだいたいどんな感じかわかると

「フランスにははんことかがないので、ここから、サイン大会です!」(ほんとに言ってた)

説明してくれた内容が書いてある書類にひたすらサインをしていく

何回くらいだろう、20回くらい名前書いた気がする…

 

サイン大会が終わると、今日はおしまいです

 

1週間くらい後に暗証番号が郵送され、

2週間くらい後にカルトブルー引換券が送られてくるそうです

 

LCLピラミッド支店で口座開設する場合、常に500ユーロはそれ用の口座に入れておかないといけないそうです

携帯とか電気ガスとか解約しないで帰国しちゃった人の口座から、あとで請求が来たとき残高がなくて引き落とせない!ってことを防止するためらしいです

わたしはそれに加えて、25歳までの青少年の「お小遣い口座」も作ってもらいました

1600ユーロまでしか入れられませんが、利子が高く(通常の口座は無利子)、お金を貯めておくならこの口座に入れておくといいとのことでした

上記2つの口座は開設費や維持費もかからないので作れる人は作っておいたほうがいいとおもいます

通常のメインの口座は給料の振込とかカルトブルーの支払いとかに使われます

これには口座維持費、カルトブルーの使用料?のようなものが人というか立場(社会人、学生等)によって値段の差はあれかかるようです

 

 

そして今日からもう口座自体は開設できたので口座番号は有効になっており、送金とか振込とかに使えるそうです

早くカルトブルーがほしい〜

 

 ③はこちら

megamiaparis.hatenablog.com

 

 最終回!

megamiaparis.hatenablog.com

 

 

もしよければ応援お願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

 

広告を非表示にする