読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神、ワーホリでパリへ行く

女子大生が大学を休学してフランスパリでワーホリしてます

MENU

フランス式洗顔、はじめました

日常 美容 フランス

パリは空気が乾燥してる!しかも硬水!

日本にいるときですらたいしてきれいじゃなかったわたしの肌と髪がパリに来てからすぐ乾燥で余計にひどくなりました

もう、からっから

 

そこで前々から噂で聞いていた

フランス式洗顔、はじめました

(一ヶ月前)

 

フランス式洗顔とは

フランスではあまり顔や髪を洗わないらしい!と聞いたことがありませんか?

空気の乾燥してる&硬水地域のフランスでは、水と肌や髪が接触すればするだけ傷んでいくらしい

なので、シャワーは2,3日に1回!洗顔は水を使わない拭き取り式!なんだそうです

毎日朝晩石鹸で顔を洗い、毎日お風呂に入る日本人からすると???って感じですね

 

フランス式洗顔の基本ステップ

0. クレンジング

  オイル/ジェル/クリーム等お好みのものでメイクを落とす

  ちなみに肌に優しいのはクリーム、ジェル、オイルの順です

  水で洗い流しても、化粧水を染み込ませたコットンで拭き取ってもよし

1. 拭き取り

  拭き取り用化粧水でメイクを拭き取る 洗顔も兼ねる

  有名なのはビオデルマBIODERMAですね

2. クリーム

  保湿する

 

これに加え、個人の悩みに応じて乳液や美容液、部分用のクリーム等

つまり、肌が全く水に触れない!拭き取って保湿だけ!

水が原因で乾燥するならばしゃばしゃ水で顔洗うのやめればいいじゃん、なるほど、って感じですね

ちなみに日本のように保湿や水分を与えることを目的とした化粧水を使う文化はあまりないそう

 

 

ちなみに、

日本式洗顔の基本ステップ

1. クレンジングでメイクを落とす 洗い流しが主流

2. 洗顔で顔の汚れを落とす 洗い流しが主流

3. 化粧水で潤いを与える

4. 乳液で保湿する

プラスαで悩みに応じて美容液をつけたり、クリームで栄養を与えたりします

わたしは日本にいるころ化粧品ブランドでバイトしていたので

部分用クレンジング、全顔クレンジング、洗顔、導入美容液、化粧水、美白美容液、乳液、クリームを使っていました

なんと8ステップ!

我ながら栄養過多?

 

そんなわたしがまさかの2ステップに挑戦しました

 

朝は拭き取り化粧水で拭き取り→保湿→そのままメイク

夜はクレンジングジェル→ジェルを水で湿らせたコットンで拭き取り→拭き取り化粧水で拭き取り もしくは拭き取り化粧水でメイクを落とす →保湿

 

使っている化粧品についてはまた別記事にて

 

ただパリに来てからあんまりファンデーションをつけたり、マスカラをつけたり等ちゃんとお化粧することが減ったのでちょうどいいのかも…?

アイメイクきちんとした日はちゃんとアイメイクリムーバーを使わないとだめだと思いますが

 

そんなフランス式洗顔の結果はいかに…?!?!

 

 

フランス式洗顔を一ヶ月行った結果

なんていうか、特に何の問題もありません

今までのようにお水と洗顔料でばしゃばしゃ顔を洗っているわけではないから、正直に言ってあんまり「顔を洗っている」っていう感じのない毎日ですが、

乾燥は全くしなくなったし(むしろもちもち)

顔が脂や皮脂だらけでどうしようもないってこともないし

生活習慣によってはにきびができたりちょっと荒れたりもするけれど、

洗顔しないことによる問題は何一つ感じていません

 

ただ、日本にいた頃よりむしろキレイになった!なんてこともありません

日本にいた頃とほとんど同じような状態の肌なので、やっぱり、

郷に入っては郷に従え

ということだと思います

 

今後は自分にあうこっちの化粧品を見つけていきたい次第です

 

f:id:megamiaparis:20170126045224j:plain

 

もしよければ応援お願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

広告を非表示にする