読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神、ワーホリでパリへ行く

女子大生が大学を休学してフランスパリでワーホリしてます

MENU

パリでブラジリアンワックス体験レポート&日本との違い

パリ情報 フランス 美容 日常

 

megamiaparis.hatenablog.com

 

そんなわけでパリのサロンでブラジリアンワックスを受けてきました

 

フランス語で脱毛はépilation

ワックス脱毛は épilation à la cire

ブラジリアンワックスはépilation maillot

ハイジニーナ(全部なし)はépilation maillot intégral

 

このへんの単語でぐぐるとサロン情報も出てきます

 

街歩いてても結構やってるサロンに出くわすことがあると思います

institute de beautéって書いてあるところが美容系サロンです

だいたいのところがエステと脱毛をやっている印象です

前に記事を書いたYves Rocherもサロンをやっているようで、その中にワックス脱毛メニューもあります

ネットで予約ができたので今度行ってみたい

 

でもわたしはパリでは初回&前回の処理から数ヶ月あいてしまい、ほぼ無処理の状態だったので、できれば脱毛をメインにやってるところがいいなと思い、

調べた結果、

Espace Epilationという期待できそうな名前のサロンに行ってきました

名前は脱毛推しですが、それ以外にも顔や身体のエステ、マニキュア等もやっているようです

 

f:id:megamiaparis:20170207084126j:plain

 

予約はしなくてもおっけー(sans rendez-vousとあるのがそれ)ということだったので時間ができたときにふらっと立ち寄ってみました

ちょうど誰もいなかったようで、そのまま待つこともなく施術してもらえました

 

施術の流れ

受付でお姉さんにブラジリアンワックスをしたいことを言う

残すかどうか聞かれる

 

お姉さんが準備している間、コーヒーか紅茶をいれてくれる

 

準備ができたら施術部屋へ

気になる場合はこれで拭いて、とウェットティッシュをくれる

下の服すべてを脱いでベッドの上で待つように言われる

 

下半身丸出しでベッドの上で寝てるとお姉さんが入ってくる

寒い?毛布使う?と言われ、大丈夫と答えるとそのまま丸出しで施術開始

 

ちょっと長くてこのままやると痛いだろうかちょっと切るわね、とハサミでざくざく

その後ハードワックスですべて処理

最後少し毛抜きで処理

 

途中ケアについて質問してみたからか、クリーム試しに塗ってあげる、と塗ってくれ、その上からベビーパウダーをはたいて終了!

レジで待ってるからとお姉さん退室

服を着てレジでお会計をしてさよなら

 

という感じでした

 

値段

今回行ったのは、VIOすべて取りきるmaillot intégralです

が、こちらのお店ではmaillot intégralというメニューにはOゾーン(おしりの部分)は含まれていなかったらしく、それがお会計のときに発覚しました

最初受付でintégralでお願いします!って言ったときにおしりは?って聞かれて、はい、全部です、と答えてたんですが、別料金だと言われてそういうことかと納得しました…

でもケア用品1個買ったからか最初だったからか何なのか、他のお店はintégralと言ったらVIO全部を指すし私も事前に説明しなかったし、とおしり代はまけてくれました

ということで結果的にはVとI分の値段で、

35ユーロでした

ちなみにおしりは9ユーロです

なのでほんとはVIO全部お願いしたら44ユーロです

 

 

 

今回行ったお店の

日本との違い 

●待合室

日本は恥ずかしさができるだけ無くなるように工夫されてる印象があります

基本的に予約制で他の人と会うことは滅多にないし、待合室でも椅子ごとに何となく仕切りがあり、かつ椅子が同じ方向に向いていて顔を合わせないようになっていることもあります

対してフランスは超オープン 待合室は他のお客さんと会わないどころかお店の前の通りからもよく見えます

 

●施術の部屋

また日本の施術の部屋は薄暗くしてあり、施術中は卓上ランプみたいなもので施術部位だけ照らして行われます

もちろんその時々の施術部位以外はできるだけタオルをかけてくれ、(誰も見てないのに)隠してくれます たとえば、Vゾーンの片側をやってる間は片側にタオルがかかってます

フランスは、何もなし!煌々と蛍光灯がついた部屋で、丸出しで行われます

施術のお姉さん以外は見てないし、お姉さんは両方とも明るいところで見てるから状況的にはなにも変わらないんだけど何となく恥ずかしい気がしました

 

●体勢

体勢も日本ではできるだけ恥ずかしくないように工夫されてる印象です

たとえば、VとIは右をやってる間は右の足を90度くらいに曲げ、横に倒します

もちろん左側にはタオルがかかってます(笑)

そして右が終わったら左も同じように

Oは横を向いて足をずらすことで片側ずつ脱毛します

フランスでは、VとIは両足曲げて横に倒して左右同時に行われます

両足でひし形をつくるようなかんじ、、

そしてOはうつ伏せになってこれも左右同時です

そしてそしてこれは絶対日本ではありえないだろうと思ったんですが、おしりの両側を自分で抑えといて、と言われて抑えてました爆笑

なんかもはや羞恥心も何もないのですごいな〜と思いながらやってましたが、自分の姿は想像したくない…笑

 

●料金

これはフランスのほうが安いようです

色々調べている感じだと全部なくすタイプで28〜45ユーロ(今のレートで3500〜5625円)

日本だと一回5000〜8000円

 

●施術後のケア

おそらく日仏ともサロンによります

基本的にはベビーパウダーで、オプションで鎮静クリームがつけられるという感じかな?

わたしはベビーパウダーだけじゃ何となく不安なので初めてのサロンのときは自分で化粧水とクリームを一応持っていきます

 

●技術レベル

日本のほうが高い印象です 日本人に慣れてるからでしょうか

日本では最後しっかりチェックして完全に完璧に無毛にしてくれます 毛抜きで抜かれるの個人的には苦手なのでもうそのへんでやめていいよ〜!と思うことすらあります

でもフランスはもうちょっとルーズな感じでした ワックスで抜け切れなかった(途中で切れてしまった)毛がほんの少し残っていてそれが伸びてきたときに少しちくちくしてかゆくなりました

でも今回フランスは慣れないだろう外国人の毛質かつほぼ無処理という最悪なコンディションで行ってしまった為もあるかと思います

また次回、多少やりやすいだろう状態で行ったらまた比べたいです

 

●おすすめの後日ケア

ほぼ一緒でした

毎日化粧水やクリームでケアすること、3日後以降は数日に一回スクラブをすること、です

日本で聞いたことなかったのは埋没毛を防ぐスプレーで、それがとても良いんだと力説されたので買ってしまいました笑

 

 

 

あと、個人的に不思議だったのが、

なんで日本人が日本人向けにやってるワックスサロンがないんだろう!ということです

今までわたしはパリの日本人社会に絶大な信頼を寄せていて、すべてのものはもう存在しているんだろうと思っていました

が、どんなに探しても探しても日本人のワックスサロンが出てこない!どうして!

本当はあるのかしら、、

やられることは同じだし、わたしの場合デザインもしないので別にフランス人にやってもらっても全く構わないんですが、まぁなんというか不思議でした

日本のワクサーの皆さん、パリ、あいてますよ!笑

 

f:id:megamiaparis:20170207085213j:plain

 

以上です

また行ったら記事にします

 

参考になりましたら応援クリックお願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

 
広告を非表示にする